Anywhere Door

大学院に進学して心機一転、ブログを新しくしました。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 県大会 | main | 久々に会った人たち >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |

黄色い目の魚

 今日は、本の紹介ですー

佐藤多佳子さんの「黄色いの魚」っていう本です。小説です。

これも、読み始めたのは春休みくらいだったかなぁと思います。本屋さんで、良さそうなポップが付けてあったので、読んでみようかな~と思って買ったんですよね

でも、半分くらい読んで、なかなか気分が乗らなくて、別の本に浮気してましたw
別の本も何冊か読んでしまったので、そろそろ最後まで読もうかなって思ったら途端に止まらなくなって、ここ2日で一気に読んでしまいました(^^:)

内容は、一口で言ってしまえば、高校生の青春小説かな。でもそんな単純な内容ではありませんでしたよ!解説にも書かれていたけど、爽やかな小説でした。その中に、大人と子供の間でもがく主人公たちの、葛藤とか切なさとか寂しさなんかが鮮やかに描かれていて、読んでいて引き込まれました。気が付くと、感情移入してました。

国語の教科書に載ってそうな小説だなって思いました。読み終わった後に、清々しい気持ちになれるお話だったなって思います。

それと、「絵」に関する記述がたくさんあって、絵が全然ダメな私にとっては新鮮でした。絵の世界の魅力に少し触れられたような気がしました(^_^)

何年も構想を練っていた作品のようで、登場人物のそれぞれのキャラクターがはっきりしていて(深みがあるって感じかな?)、実際にいる人のようにイメージできました。描写の力って、ホントにすごいなって思いました。

最近は、ミステリー小説を読むことが多かったので、久々にこういう本が読めて良かったです~もし、オススメの本などがあったら教えてもらえると嬉しいです
| mikiemon | 読書 | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

| スポンサードリンク | - | - | - |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://anywhere-door.jugem.jp/trackback/26
この記事に対するトラックバック
PROFILE
NEW ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
OTHERS
SPONSORED LINKS